結果を左右する呼吸の力


施術中はクライントとセラピスト

両方の呼吸が

結果を左右するぐらい大切です。

 

 

力を入れたり、驚いた時などは

息を止めてしまいますね。注意

 

 

反対に、深い呼吸をすると、

余分な力が抜け、リラックスできます。

FLOWのセッション中でも、

必要に応じて

呼吸の調整をします。

 

 

深層部にアクセスする時は、

力を抜いてもらうために息を吐いてもらいます。

 

 

クライアントさんに

リフレッシュしてもらうためには、

実はセラピスト側も

しっかり呼吸することも重要なんですひらめき電球 

 

施術をする側が息を止めていたり、

呼吸のピッチが早かったりすると、

受ける側はリラックスしにくいのですね。

 

 

 

また、これはセラピスト側の

お話になってしまいますが、

 

セッションにはある程度のリズム感が必要になって来ます。

ず~~っと同じ一定のペースでもダメですしかたつむり

早すぎても、不快感を与えてしまいます。馬

 

そんな時に、呼吸と共にリズムを持つ事は、

早すぎたりだらけるのを回避できるテクニックでもあります。合格

 

FLOWのボディセラピースクールでは

身体のつくりだけでなく、

呼吸の使い方もしっかり体感してもらっています。

 

そうすると、

生徒さんのテクニックや施術に

より深みが出てくるのです。

 

日本語には

・息が合う

・息をつく

・息をのむ

…など、呼吸と感情を

つなげた言葉が沢山ありますね。

 

私も「息の長い」セラピストとして精進して参ります…!

 

 

パー〜NYのトップセラピストによる〜パー

本格的マッサージセラピー

深層筋と筋膜そしてトリガーポイントにアプローチ

身体が無理なく楽になる

 

Body Therapy NY*FLOW*
http://www.bflow.jp/

 

〜本物のセラピーの専門家になる〜

スウェディッシュマッサージと

ディープティシューマッサージ

 

【FLOWボディセラピースクール】

一般社団法人

スウェディッシュ・ディープティシューセラピー協会

矢印https://bflow.jp/school

 

 

個別体験説明会のご予約受付中ビックリマーク

(80分のセッションを含みます。)

【施術体験説明会のご案内】はこちらから
矢印https://peraichi.com/landing_pages/view/flowbody